【販売者向け】Amazonで代金引換決済(代引き)を設定する方法。

この記事は約2分で読めます。

前回の記事で、代引き決済を導入する事により、9.9%注文数が上がるというお話をしました。

ほんの数クリックで設定する事ができますので、まだ導入していない場合は、
今この瞬間設定しましょう。

5

代引き決済を有効にする方法。

サクッと設定しちゃいましょう!


セラーセントラル右上の『設定タブ』
 から、『出品者アカウント情報』へ。

6


支払い方法の『編集』をクリックし、
 『代金引換を有効にする』にチェック。

7


代引きが有効になっている事を確認。

8
(c)Amazon.co.jp

商品ごとに、代引き決済の設定をする。

商品の特徴や、キャッシュフローの関係から、
商品ごとに代引き決済を利用するかしないか、
調整したい場合もあると思います。

その場合の設定方法をご紹介します。

※前提
商品毎に代引き決済を利用する為には、
上でご紹介した代引き決済導入の手順で
有効にしておく必要があります。


セラーセントラル ⇒ 在庫 ⇒ 在庫管理
⇒ 変更したい商品選択 ⇒ 変更 ⇒ 再出品

いつも見慣れた画面ですね。

1


少々画面を下へスクロールしましょう。

そうすると、『cash_on_deliverry』
もしくは『代金引換』
という選択項目があるハズです。

こちらに、
チェックが入っていれば
代引き決済が有効。
チェックが無ければ
代引き決済が無効。
です。

2-2


変更が完了したら、
画面下の『保存して終了』

以上で代引き決済の設定方法は終了です。

まとめ

物販最大のリスクは在庫リスクですが、
ツールが発達した現在では、
限りなく在庫リスクを減らす事ができます。
十分に安定経営をする事が可能です。

だからこそ僕は、再現性の高さの面からも、
ビジネスの第一歩として物販をオススメするのです。

Amazon.co.jpの発表で、
代引き決済を利用すると注文数が

9.9%増加
する数字も出ています。

ぜひAmazonを通じで販売している者は、
代引き決済を導入しましょう。


>> 【最新版】Amazonの代金引換(代引き)決済手数料。


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ