脱サラして成功したいなら、まずは副業で結果を残すべき。

この記事は約3分で読めます。

副業で結果を残す ⇒ 脱サラ・起業する。
これが最もリスクが低い起業法であると僕は考えます。
副業で本業の収入を超えれるようになり、はじめて脱サラの選択肢を考えましょう。

溜池山王 特許庁前の街並を見上げる

見切り発車していいのは、メンタルが強い人だけ。

よく、『脱サラし、起業したいです!』
といった相談を受ける事が多いです。

そんな時、僕はいつもこのように回答します。

『副業の収益が、本業の給料を超えて初めて、
 脱サラについて考えましょう。』と。

仮に見切り発車で起業してしまった場合、
事業がストップしても固定費というのが掛かります。

家賃もそうですし、給料もそうですし、
日々の食費なんかもそうですね。

なので一度起業してしまうと、
待ったなしの状態になってしまいます。

なので僕は副業で安定収入を得れるようになってから、
起業する事を進めます。

サラリーマンを経験する事のメリット。

生粋の経営者で、とてつもない成績を残している方も
周りには多いですが、

僕自身がサラリーマン経験があるというのもありますが、
やはり僕は一度サラリーマンを経験してみるというのも重要であると考えます。

理由としては、組織の理不尽さや非効率さ、
その中での人間関係。

これらの経験って、
サラリーマンをやっていなきゃ経験できないからです。

そしてその経験は自分が組織のトップになった時、
必ず役に立つと思います。

実際問題、僕が起業してから感じた事は、
見えてる世界が180°ガラッと変わったのです。

よく自己啓発書などで、
一つ上の立場で仕事を進めろ!なんて書かれてるじゃないですか?

例えば、平社員なら課長の視点で仕事を進め、
課長であれば部長の視点から仕事をすべき。
みたいな。

こんなレベルじゃないんですよ。

一つ上の抽象度どころか例えるならば、
副社長以下は会社のビルを、正面から眺めてる。
社長は会社のビルを、日陰の裏側から眺めてる。

コレぐらい差があると僕は考えてます。
よく『社長は孤独だ。』なんて事も言いますが、
僕の周りでもそう言う方が多いです。
(幸いにも僕はあまり感じない派なのですが。)

『仕事』や『会社』というものに対し、
見方がガラッと変わりました。
これが僕が起業してからの感想の一つです。

これを感じられたのも、
サラリーマンの経験があるからです。

そしてサラリーマン時代に接する事ができた
尊敬できる上司や先輩の事は、
今でも記憶に残り、強く影響しています。

なので脱サラして起業で成功したのなら、
まずは副業で結果を残すべきだと僕は考えます。

目先の結果を追い求めず、一歩ずつ確実に結果を残し、
リスクを極限まで減らした状態で起業の世界へ飛び込みましょう。
長いスパンで必ず自分の理想を達成するよう、人生設計しましょう。

と、見切り発車で脱サラ・起業した僕が言ってみます。


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ