せどりの『3つのメリット・デメリット』

この記事は約7分で読めます。

plus minus

 
 
ここではせどりの3つのメリットと3つのデメリットをお話します。
 
 
せどりの3つのメリット
1、初心者でもすぐに結果が出る。
2、好きな時間に取り組める。
3、資金ゼロから始められる。
 
 
せどりの3つのデメリット
1、在庫リスク。
2、労働集約型。
3、他者依存型。
 
 
ではまず『せどりの3つのメリット』から解説していきます。
 
 
1、初心者でもすぐに結果がでる。
 
これは僕の実績が証明しています。
僕は知識ゼロ・資金ゼロの状態から、
副業開始3ヶ月で月商100万円を達成する事ができました。
正しいやり方さえ実行すれば、
知識ゼロから誰でも稼ぐ事がせどりでは可能です。
 
その理由と、まだ僕の実績を見てない方は、
コチラを見てみてください。
 
 
2、好きな時間に取り組める
 
これもとても魅力的です。
僕は副業でせどりを始めたので、
とにかく時間がありませんでした。
 
仕事帰りの1時間を使ったり、
休日を丸々仕入れに当てたりしてました。
 
でもせどりは正しくやったらやった分だけ結果が出るので、
時間のない僕にはピッタリでした。
 
時間がある人も無い人も、
それぞれのペースにあわせて取り組めるのは
とても大きな魅力であると僕は考えてます。
 
 
3、資金ゼロから始められる。
 
自己紹介でも書きましたが、
薄給でサラリーマンをしていた当時の僕は、
とにかくお金がありませんでした。
 
貯金なんて、言葉自体が都市伝説なのでは?
本当にこんなレベルでした。
 
そんな貯金なんかあるわけもない僕の唯一の武器は、
『クレジットカード』でした。
 
利用枠が30万円のクレジットカードです。
このカードを利用し、僕は貯金ゼロにも関わらず、
せどりというビジネスを始める事ができました。
 
クレジットカードには、その特性を活かした
有効な活用法があります。そんな細かいテクニックも、
このブログではしっかりとお伝えしていきます。
 
 
 
 
続いては『せどりの3つのデメリット』です。
 
 
世の中良い話ばかりではありません。
メリットがあれば、必ずデメリットもあります。
 
 
悪い点もしっかりと把握して、
せどりに取り組む事が重要です。
 
 
1、在庫リスク
 
やはり商品を扱う以上、かならず在庫リスクという問題に直面します。
在庫リスクとは、仕入れた商品が売れ残る事を言います。
売れ残れば、その分だけ丸々損になってしまいますね。
 
しかし時代は情報化社会。
世の中には売れ行きをチェックする様々なツールがあるのです。
 
ツールを使えば商品は丸裸状態です。
・売れるのか?
・売れないのか?
・もしくは何日で売れるのか?
・いくらぐらいで売れるのか?
 
今ではこれらが一瞬で分かります。
スマートフォン片手にほんの1秒です。
 
すごい時代です。
 
このツールを利用して、
売れる商品だけ仕入れればいいだけです。
 
なので現在では、在庫リスクは、
ほとんど無いものと考えていいのです。
 
このブログではしっかりツールの説明もしていきます。
 
 
2、労働集約型
 
せどりは商品を扱うため、
仕入れや梱包・発送・お客様対応がかならず必要です。
 
仕入れをストップすれば売り上げが上がりません。
発送しなければお客様から代金も頂けません。
常に労働力を必要とします。
 
病気やケガで入院したりしたら大変ですね。
 
でも今では、発送などの事務作業を
替わりにやってくれるサービスもあったり、
 
中級以上になれば、バイト等スタッフさんを雇い入れて、
作業を任せる事もできます。
 
そしたらもしも自分に万が一の事が起きても、
仕事の流れが止まる心配は無くなりますね。
 
実際僕なんかは今やっている作業は、
数字の管理ぐらいなものなので、
だからこそ自由な生活ができている訳です。
 
人間の体は一つしかないので、
ビジネスをやっていく上で、
 
『自分がいなくても仕事が回る仕組み作り』
 
という考えはとても重要になります。
 
 
3、他者依存
 
せどりにおける他者依存とは、2つの事をさします。
その2つとは、仕入れ販売です。

まず仕入れの他者依存とは、
せどりの基本は、実店舗からの仕入れです。

ブックオフが潰れたら?
ヤマダ電機が潰れたら?

仕入れがストップしてしまいます。
仕入れがストップすれば、売り上げも止まりますね。

しかし、モノの販売が全くない世界はなかなか想像する事ができません。
必ず世の中に売れるものはあります。
万が一の時は海外に目を向けるのもいいし、
自分で商品開発する事も可能です。
 
電脳せどりの場合も考え方は同じです。
 
 
次に販売の他者依存とは、
主にプラットフォーム依存の事です。
プラットフォームとは、
Amazonとかヤフーオークションとかの、
販売の場を提供している親の事です。
 
仮にAmazonが潰れたら?
ヤフーが潰れたら?
 
一気に商品が売れなくなってしまいます。
売れなくなれば在庫だけが残り、大打撃ですね。
 
しかしながら、現代において、
モノの流通が止まる事はまずないと考えていいでしょう。
Amazonが潰れても、他に何らかの新しい販売サイトができているはずです。
 
それに、販売の心配するレベルまでにスキルアップしていれば、
ネットの知識のついていて、様々なアイディアが日々浮かんでくるハズです。
 
自分でネットショップを立ち上げて、
独自販売すれば、利益を独占できる可能性もありますね。
 
こういった理由から現代では、
仕入れと販売という他者依存に対しての心配は、
ほぼゼロとして考えていいという事です。
 
 
少々長くなってしまいましたが、
せどりのメリット・デメリットを
3つづつお伝えしてきました。
 
 
復習するとこんな感じです。
 
 
せどりの3つのメリット
1、初心者でもすぐに結果が出る。
2、好きな時間に取り組める。
3、資金ゼロから始められる。
 
 
せどりの3つのデメリット
1、在庫リスク。
2、労働集約型。
3、他者依存型。
 
 
せどりは極めてリスクが低く、
かつビジネス初心者にピッタリという事です。
 
 
しかもとても奥が深いので、
僕みたいに本業としても成り立たせる事もできるという事です。
 
 
もっと突きつめれば、
世界をまたにかける総合商社になる事も可能です。
夢も広がりますね。
 
 
以上がせどりの3つのメリット・デメリットです。
 
 
続いては、この3つのメリット・デメリットをふまえた上で、
僕がなぜ副業にせどりを選んだか?
どの点に惹かれてせどりを選んだのか?
もう少し具体的な理由をお話したいと思います。
 
 
副業を始めたいが、何に手をつけていいか分からない。
もしくは副業の挫折経験がる方は、
ぜひご覧下さい!
 
 
>>僕が副業にせどりを選んだ、たった一つの理由


“せどりの『3つのメリット・デメリット』” への3件のフィードバック

コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ