Amazon(アマゾン)マーケットプレイス・出品用アカウント取得方法!

この記事は約3分で読めます。

ama - コピー

 
 
Amazon(アマゾン)で出品用のアカウントを開設するには、
2つのステップをこなせば完了です!
 
 
1、まずはAmazon購入用の普通のアカウントの作成。
2、次に出品用のアカウントを作成。
 
 
まずは準備したものを手元に揃えましょう。
必要なものはコチラから確認できます。
 
↓↓↓
せどりに必要な準備
 
 
 
 
1、まずはAmazon購入用の普通のアカウントの作成。
 
すでにAmazonアカウントをお持ちの方は、
こちらの手順は飛ばして結構です。
 
お持ちでない方は、
まず『Amazon』でインターネット検索しましょう。
 

 
そうするとAmazonのトップページが出ます。
右上に、黄色い文字でサインインという文字があります。
『サインイン』をクリック。
 

 
そうすると、アドレス登録の下に、
初めて利用します。というチェックがあります。
 
『アドレス入力』
『初めて利用しますにチェック』
サインインをクリック。
 

 
あとは手順に沿って必要事項を入力すれば、
無事Amazonの通常アカウントの取得は終了です。
 
 
 
 
2、次に出品用のアカウントを作成。
 
続いては、
いよいよ出品用アカウントの作成です。
まず、先ほど作製したアカウントでAmazonにログイン。
トップページに行きます。
 

 
トップページの一番したまで行くと、
黄色い文字で、Amazonでビジネスという文字があります。
その更に下、の出品サービスという文字です。
 
『出品サービス』
をクリック。
 

 
大口出品と小口出品の選択を迫られます。
僕は大口出品をオススメします。
 
理由は3カ月間無料で利用できるのと、
ここまでしっかりと準備したあなたは、
50商品の販売ぐらい簡単に乗り越えられる壁だからです。
 
そして僕はそのためにしっかりと情報をお伝えしていきます。
 
本題に戻りましょう。
 
『大口出品』か『小口出品』どちらかを選択し、
クリック。
 

 
あとは画面に従って必要事項を確実に入力していきましょう。
途中で電話番号の確認だったり、
屋号の入力を求められます。
 
屋号とは、お店の名前の事です。
これからあなたはAmazonにお店を構える事になるので、
しっかりと考えて屋号を入力しましょう。
以上入力が終われば、
早速あなたはAmazonで商品を販売する事が可能です。
 
 
 
 
これで晴れてAmazonにお店を構える事ができました。
手元の商品が売れるのか?
売れないのか?
 
 
このブログでは、
商品が大体いくらで
大体どのぐらいのに日数で売れて行くのか?
その判断方法もしっかりとお伝えしていきます。
 
 
 
 
次は古物商の取得に移ります。
なれない書類もありますので、
しっかりと漏れがないよう申請しましょう。
 
 
>>せどりに古物商は必須です。必要書類チェックリスト!
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ