せどりとは?

この記事は約9分で読めます。

『せどり』とは?
その意味を、語源からさかのぼり解説します。

教育イメージ

せどりとは、一言でいうと『転売』です。

せどりとは、
分かりやすく一言でまとめますと、
 
 
『転売』です。
 
 
商品を安く買って、高く売る行為です。
少し細かい説明を見てみましょう。

せどり(競取り、糶取り、背取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂、大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

現代に於いては、ブックオフ等のリサイクルショップから仕入れてネット(Amazonやオークション)上でより高額で転売することを指すことが多い。この場合、より良い状態に見せかけるために研磨や傷隠しなどが行われているため注意が必要である。 

wikipedia より転載

 
仲介業者という事ですね。
 
 
分かりやすく本を例にとって見ましょう。
たとえば絶版となりほぼ流通していない、専門性の高いAという本があるとします。
 
 
そのAという本は地方の古本屋さんに眠っていました。
恐らくこれが人の手に渡る可能性は限りなくゼロでしょう。
 
 
しかし専門性の高いAという本は、
日本全国を見渡せば必ず欲しい人はいます。
 
 
けど店頭や古本屋を探してもまず見つけられません。
これをインターネットで出品すると、
日本全国必要な人に届ける事ができます。
更には海外配送サービスまであります。
 
 
これが今で言うせどりの基本です。
インターネット社会の大きなメリットの一つですね。
 
 
 
 
もう少し詳しい説明を見てみましょう。

一般的にはひらがなで「せどり」と書く。辞辞書では「競取り」という漢字が当てられているが、元々は「糶取り」という字が使われていた。

「糶取り」の「糶(ちょう、せり、うりよね)」とは、「米を売りに出す」の意で、そこから「米の競り売り」や「行商」のことを指す。漢字としては「出+米+翟(=擢:抜き出す)」から成り、貯蔵してあった米を選り出して売りに出すことを意味し、そこから転じて多くの物の中から選び出して売ることを「糶取る(動詞)」または「糶り取る」と言う。「糶取り」とは「糶取る」の連用形である。

『書物語辞典(1936年 古典社)』によると、語源は不明。漢字は当て字で「糶取」「背取」などと書き、『せどりの營業は、店舗から店舖を訪問して相互の有無を通じて口錢を得るのを目的とする。即ち甲書店の依頼品を同業者間をたづね歩き値の安きを求め其の間に立つて若干の利得をする(同書より)』との事で、書店同士の売買の仲介をする事、またはそれを生業とした人を指す。

wikipediaより転載

 
ちょっと難しい説明ですが、
結構歴史を感じる言葉ですね。
 
 
実はせどりという言葉にはこのような深い意味があり、
商売の基本が全て詰まっていると僕は考えています。
 
 

コミケの価値を全世界へ届ける!?

 
 
次のお話は、僕の友人から聞いた実際のお話です。
毎年、コミックマーケットというアニメのお祭りが東京ビッグサイトで開催されます。
 
 
ご存知の方も多いと思いますが、
このようなイベントです。

コミケースト2
 
 
同人誌の即売会という事ですが、
分かりやすく言うと、
 
 
とにかく『アニメ界最大の祭り』です。
今では海外からも多数の
アニメ愛好家が日本に訪れます。

ストリートファイター
 
 
 
 
会場でしか買えない限定グッズも販売してるので、
ファンはもちろん、転売目的でグッズ購入する方も多い訳です。
 
 
代表的な例は枕です。
アニメの絵が描かれた会場限定販売の枕です。
 
 
ファンにとっては欲しくてたまらないグッズです。
 
 
本題はここからですが、
コミケ会場で3,500円とかで販売している限定枕が、
当日中にヤフーオークションで12,000円とかで取引される訳です。
 
 
これについては転売目的という事で、
賛否両論、常に議論が交わされます。
最近では、妖怪ウォッチなんかも社会問題になったりしています。
 
 
でも一方で、この枕を、
12,000円で喜んで落札する方もいるのが事実です。
 
 
その方を、仮に青森に住んでいるRさんとしましょう。
Rさんは遠方に住んでいるため、
東京まで行くのに多くの時間や費用が掛かります。
 
 
もしくは、仕事を休む事ができず、
行きたくても行けないかもしれません。
 
 
仮に東京に行く場合、
新青森から東京まで新幹線で約片道17,000円です。
往復34,000円です。
 
 
長旅で疲れるので、一泊するとしましょう。
格安ホテルに泊まっても4~5,000円しますね。
それに加え都内での交通費、食費等を計算したら、
ざっと考えても50,000円近く経費が掛かるわけです。
 
 
もちろん現地でしか味わえない楽しさというのはありますが、
・50,000円の経費を使ってお目当ての枕を現地に買いに行くか?
・少々割高だが、12,000円でお目当ての枕だけを
 オークションで購入するか?
 
 
そう考えたら、
自分の欲しいお目当ての枕だけを12,000円で買えるって
とても安く感じませんか?
 
 
しかも今ではネットショッピングの配送網も発達し、
注文の翌日、ましてや注文当日に商品が届いたりする訳です。
 
 
これは経済の原理原則に照らし合わせても、
極めて合理的な活動であり、
僕はこれを価値提供であると考えます。
 
 
少々むずかしい言い回しになってしまいましたが、
 
 
『取引がある限り、そこには価値が存在している。』
 
 
という事です。
 
 

せどりと超一流企業

 
 
『価値の提供』
 
 
という観点から物事を考えると、
せどりも超一流企業もやっている事は同じです。
 
 
『経済活動』という言葉が、
一番ピッタリでしょうか。
 
 
簡単に言えばイオンのような大型スーパーも、
マツモトキヨシのようなドラッグストアも、
商品を仕入れて売っているだけです。
 
 
トヨタのような自動車メーカーも
パナソニックのような家電メーカーも、
部品を仕入れて組み立てて、
商品という形にして売っているだけです。
 
 
せどりはモノを仕入れて売り、
 
 
マツキヨもモノを仕入れて売り、
 
 
トヨタ自動車は部品を仕入れ、
ちょっと加工・組み立てして売るだけ、、、。
 
 
『価値の提供』という観点から物事を考えると、
結構シンプルな結論に行きつきます。
皆やっている事は、ほとんど同じです。
 
 
先ほど言った通り、
『取引がある限り、そこには価値が存在している。』のです。
 
 
 
 
なので僕は、せどりとは価値提供であるのと同時に、
実際にモノを仕入れ、お客様に販売する。
商売の基本の全てが詰まっていると考えています。
 
 
それに加えて利益を得ながら、生きる為に必要な
お金の流れ、お金の管理方法、経済の流れを学ぶ事もできます。
 
 
僕達が、今生きている世界が資本主義社会である以上、
お金との関係は、切っても切り離せません。
 
 
それは主婦の方も学生さんも、
僕のような起業家も全く同じです。
 
 
なのでせっかくこのページにたどり着いたあなたは、
ぜひせどりにチャレンジしてみて下さい。
 
 
せどりをやればお金を得ながら、
人生に大切な様々な事を学べます。
 
 
利益が上がったら、
更に事業を大きくする為に頑張るのも良いし、
家族で旅行に行ったりして思い出を作るのも良いですね。
 
 
僕は全くの知識ゼロ・資金ゼロから副業でせどりを始め、
現在では独立する事ができました。
 
 
ゼロからしっかりとノウハウをお伝えしていきますので、
ぜひ僕から色々学んで下さい。
 
 
けどやっぱりせどりを始めるのは不安ですよね?
 
 
そんな方の為に、
次のページではせどりの良い点をお伝えするのと同時に、
悪い点もしっかりとお伝えしていきます。
 
 
ぜひ参考にしてみて下さい。
 
 
>>せどりの『3つのメリット・デメリット』


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ