Amazon(アマゾン)大口出品・小口出品を徹底比較!!

この記事は約3分で読めます。

Rows of shelves with cardboard boxes on modern warehouse in stor

 
 
Amazon(アマゾン)で商品を販売する際、
大口出品・小口出品どちらがいいのか、その違いにせまってみましょう。
 
 
僕は初心者の方でも、大口契約する事をオススメします。
 
 
その5つの理由とは、
 
 
1、3ヵ月間、4900円の月間登録料が無料。
2、商品が売れる度に掛る100円の手数料がタダに。
3、売り上げの詳細なレポートが見れる。
4、カードボックスの取得。
5、コンビニ決済や代引きや、その他
  様々な支払い方法に対応できる。

 
 
です。
大口出品契約で、どんどんAmazonでの売り上げを増やしましょう!
 
 

1、3ヵ月間、4900円の月間登録料が無料。

出品アカウント登録後、
3カ月間は月間登録料が無料です。
 
 
この期間を有効活用し、
一気にせどりを加速させていきましょう。
 
 

2、商品が売れる度に掛る100円の手数料がタダに。

Amazonでは、商品が1個売れる事に100円の販売手数料がかかります。
という事は、1カ月に50個以上商品を販売すれば、
元を取れる訳です。
 
 
せどりは売れるものしか扱わないので、
正しいやり方を実行すれば、
50個の販売数はスグに突破します。
大口契約が必要です。
 
 

3、売り上げの詳細なレポートが見れる。

これはせどりをやっていく上で、
本当に重要です。
 
 
僕の実績画像も、この売上管理レポートから抜粋した画像です。 
 
数字をしっかり把握する事が、重要です。
 
 

4、カードボックスの取得。

Amazonには、カートボックスというのが存在します。
新品せどりをやる上で、カードボックス攻略は必須のスキルです。
 
 
あまりに重要過ぎるので、
カートボックスについては
改めて特集を組みます。
 
 
ここではまず、カートボックスは超重要である。
そして、大口契約をしなければ、カート取得の権利を得られない。
という事だけ覚えて下さい。
 
 

5、コンビニ決済や代引きや、その他様々な支払い方法に対応できる。

様々な支払い方法を設定する事により、
売上のアップに繋がります。
 
 
実際僕は当初、コンビニ決済を導入していませんでした。
ある日、コンビニ決済や代引き決済を導入すると、
その日の午後、早速コンビニ決済での注文が入りました。
 
 
この速さには、さすがの僕も驚きました。
 
 
現在は配送網やネットの発達により、
様々なニーズが存在します。
 
 
この設定をする事で、
更に売上アップ、在庫回転率を目指しましょう。
 
 

まとめ

僕がなぜ大口出品契約をオススメするか?
その理由を特に重要な5つとしてピックアップしました。
 
 
その他にも様々なメリットを受けられるので、
これからAmazonでの出品を考えている方も、
すでに小口契約で販売されている方も、
ぜひ大口出品契約にする事をオススメします。
 
 
何より、3カ月間無料で使用できます。
 
 
Amamzonの大口出品契約で、
更なる売上アップを目指しましょう。


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ