せどり・副業で独立するタイミング

この記事は約4分で読めます。

Runner athlete running on stone beach of qinghai lake

 
 
せどり、もしくは副業で独立するタイミングをお伝えします。
 
 
これはある成功者からお話を聞き、
僕も全く同感できた話です。
 
 

せどり・脱サラ・独立。

 
 
今では副業でせどりに取り組まれている方も多いと思います。
そして誰もが一度は夢を見ます。
 
 
『脱サラし、自分でビジネスを立ち上げたい』と。
 
 
そしてせどりはそれを簡単にします。
 
 
しかし、やはり独立するとなると、
初期段階ではそれなりの行動量と
覚悟が必要となります。
 
 
とっとと辞めて、
退路を断ってしまえば、
やるしかないので一番手っとり早いのですが。
 
 
今日はその事は置いといて、
具体的なタイミングをお伝えします。
 
 

まずはやり尽くせ!独立はその後だ。

 
 
まずやるべき事。
 
 
それは、
仕事以外の時間を、
全てせどり・副業に費やして下さい。

 
 
・通勤時間も、せどりと副業の為に利用して下さい。
・休憩時間も、せどりと副業の為に利用して下さい。
・帰宅後の時間も、せどりと副業の為に利用して下さい。
・休日も勿論、せどりと副業の為に利用して下さい。
 
 
時間が無いのなら、最悪睡眠時間を削って下さい。
副業から独立した多くの人は、
激務から帰宅後、夜中の3~4時まで副業の作業をして、
ほんの数時間寝てから出勤とかザラです。
 
 
本当に重要なのでもう一回言います。
激務帰宅後、夜中の3~4時まで作業とかザラです。
僕は数人から、直接話を聞いています。
 
 
なので、手順としては、
 
 
1、まず仕事以外の時間を、全てせどり・副業に捧げる。
2、副業の収益が、本業の給料を超えるレベルまで持って行く。
3、②を達成した時点で、初めて独立するかどうかを考える。
 
 
これがせどり、もしくは副業で独立するタイミング・手順です。
 
 
僕はサラリーマン当時、これらを考え計算した上で独立した訳ではないですが、
あとから振り返ると、全くこれに沿った順番で行動してました。
 
 
独立後にこのお話を聞き、
無意識に取っていた行動が、
『言葉によって具現化された。』
という感じです。
 
 
実際に僕の副業せどり時代は、
・通勤時間は、スマホでせどり関係の情報収集や読書の時間とし、
・休憩中も情報収集の時間。
・もちろん激務から帰宅しては、毎日夜中まで作業。
・数少ない休日は、朝一から丸一日格安レンタカーでの仕入れ。
 
 
このように行動しておりました。
 
 
『1日5分で稼げる!!』
とか、
 
 
『コピペでOK!!』
とか、
 
 
『寝てても自動でお金が入ってくる!!』
とか、
 
 
こんな話マジでないです。
 
 
仮にそんな話があったとしても、
そのお方はそこに至るまでに膨大な努力と仕組み作りをして、
その結果が一日5分だったり、寝ててもOKという事です。
 
 
表には見せないのかもしれませんが、
その事実の裏には、必ず努力が隠されています。
 
 
僕が数多く会ってきた
せどりで成功している人も、
せどり以外の分野で成功している人も、
 
 
ほぼ100%と言っていいぐらい、
必ず泥臭い努力の過程を乗り越えてきています。
 
 
僕はせどりは誰が取り組んでも必ず結果が出ると言いますが、
 
 
それは、
『正しいやり方で行動している。』
からこそです。
 
 
そして現在せどりのノウハウは、誰でも結果が出るよう確立されているので、
あとは正しい行動を淡々とこなすのみです。
 
 
まずは仕事以外の時間を全てせどりに当てて下さい。
そして本業以上の稼ぎが出るように、メドをつけて下さい。
 
 
そこまで行動して初めて、
独立への道がひらけます。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ