せどりをするならiPhone6とiPhone6 Plus、どっち?

この記事は約2分で読めます。

iPhone6、iPhone6 Plus

いよいよ発売になりましたiPhone6!!

僕はずっと楽しみにしてた一人なのですが、
新しいデバイスを手にする前のウキウキ感って、
なんかいいですよね。

せどりをする上で、スマホの性能って
自分はかなり重要だと思っているので、

今日はせどりの視点から、
iPhone6とiPhone6 Plus、
どちらがいいか考えてみます。

せどりにオススメはiPhone6!

まず初めに、ついにiPhone6を手に入れました!
実際にてに取った感想はコチラ!!

↓↓↓
>> iPhone6、買いました。【前編】

では本題です。

僕はせどりをするには、
iPhone6(4.7インチ)をオススメします。

せどりを効率化して、短い時間で売り上げ追求するには、
正確な商品情報を元に瞬時に決断を下す必要があり、
それには親指でのスマホ画面の操作が不可欠だからです。

iPhone6 Plus、5.5インチの大きい画面では、
どうやら片手で細かな操作をする事は
ムズカシそうです。

参考になる画像を見つけました。

iPhone6、iPhone6 Plus、大きさ、画像

特に高額な家電商品などを、10個位以上で
ロット買いする場合、

それなりに在庫リスクも高まるので、
アマショウやプライスチェック以外にも、
2重・3重にリサーチして仕入れの判断を下したいところです。

その為にはスマホでサクッと
情報をまとめる必要があります。

それを想定すると写真を見た限り、
Plusの方では正直親指一本での細かい操作に
苦労する事が想像できます。

僕はiPadも持ってるので、
大画面へのこだわりがあんまり無いのと、

移動時間でのメールチェックなども
とても重要な作業の一つなので、
操作性の高いiPhone6に機種変更します。

そして僕がどのぐらい道具にこだわっていたかというと、
以前は仕入れ部隊に専用のAndroid末端を
渡していたぐらいです。

HID通信ととSPP通信の違い。 

今は通信環境も良くなり、
近年に購入されたスマホなら、
全く問題ないですが、

やはり細部にまでこだわったほうが、
ストレスや効率面で、メリットばかりです。

スマホはせどりにおいてもプライベートにおいても、
高い投資ですし重要なモノなので、初動で飛びつかず、
しっかり店頭で手にとってから、自分のライフスタイルに
合った機種を検討する事も大事だと思います。

そして僕はせどりをするには操作性を考慮して、
iPhone6(4.7インチ)をオススメします。


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ