【本せどり】良のコンディションを、非常に良いで出品する裏ワザ。

この記事は約3分で読めます。

マラソンマン

 
 
本日は、『良』のコンディションの本を、
『非常に良い』のコンディションで出品する裏ワザを公開します。
 
 
準備する物が5つあります。
 
 
1、カッター
2、カッターマット
3、定規
4、激落ち君スポンジ
5、激落ち君スプレー
 
 
それでは手順を解説していきます。
 
 

良のコンディションを、非常に良いにする為の条件

 
 
まず、全ての『良』本を、
『非常に良い』で出品できる訳ではないので、
格上げできる本を選ぶ事が重要です。
 
 
その基準とは、
 
 
・表紙がピカピカ
・中身もピカピカ
・けど、表紙の上部に、
 ほんの少し『たわみ・折れ・やぶれ』がある商品
 
 
です。
 
 
非常に良いにふさわしい商品なのですが、
表紙・カバーにほんのちょっとキズがある商品という事です。
 
 
このキズのある部分を、
カッターで切ってしまうという作戦です。
 
 
具体的な手順に移りましょう。
 
 

作業の順番

 
 
①カッターマットを敷く。
カッターマット
 

 
②本の表紙をカッターマットに乗っける
 

 
③表紙上部に、定規を当てる
ステンレス製定規をオススメします。
 
ステンレス定規
 

 
④表紙上部のカットを、1ミリ以内に抑える。
 出来る限り薄くカット。
 
表紙カット
 
青丸で囲った赤線は、表紙の上部です。
この表紙の上部をできる限り薄くカットします。
 

 
⑤あとは表紙を元の本に戻して終了です。
 
 
これで元々本の中身はキレイ。
表紙もスレがなくキレイ。
ただ、表紙上部にちょっとだけ折れや破れなどがあった。
 
 
こんな商品が、非常に良いのコンディションに生まれ変われました。
 
 
もし表紙に若干のシミ等がありましたら、
激落ち君のスプレーやスポンジで軽く磨けば、
完璧に本をクリーニング出来ます。
 
激落ち君スプレー激落ち君スポンジ
 
 
本の仕入れでは、コンデションを
『良』の基準でリサーチするので、
手にした商品を『非常に良い』で出品すれば、
利益率upに繋がります。
 
 
そして非常に良いの方が売れやすい傾向にあるため、
在庫の回転率アップにもつながります。
 
 
慣れればほんのちょっとの時間で作業できますので、
作業に手間を加えられる人は、
ぜひ取り入れてみるといいかもしれません。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ