せどり日誌は、あなたの貴重な資産です。【前編】

この記事は約3分で読めます。

今日はせどり日誌についてお話します。
 
 
せどり日誌はライバルとの差別化を図る為に、
極めて重要なツールです。
必ずせどり日誌をつけましょう。
 
 


メモする

 
 

せどり日誌とは?

 
 
せどり日誌とは、
日々のせどりの行動を記録するノートです。
 
 
僕は現在、会社の運営記録も含め、
毎日1冊のノートに、手書きで記録してます。
(もちろん自ら経営しているので、誰かに提出する事などはありません。
実質的には、日記みたいなもんです。)
 
 
今ではクラウド技術も発達しているので、
様々な高機能の便利ツールをスマホとPCで
無料で利用し、連携させる事ができますが、
 
 
僕は電子書籍よりもやっぱり紙の書籍の方が読みやすいし、
マインドマップや日記などで記録する場合も、
紙ベースの方がとても頭に入ってくる気がします。
 
 
脳科学的にも、
何かと関連付ける事で記憶力がupする事は証明されています。
 
 
ただ書くだけよりも、聞きながら、もしくは読みながら書く事により、
聴覚の効果もプラスされ、ニューロンの繋がりが強くなり記憶が定着します。
 
 
何かとイメージで関連づけて記憶するのも、
ただ文字列を記憶するより、何倍も効果的です。
 
 
 
 
聴覚も含めての記憶。
『実際に手を動かす』『紙やペン等の触角からの情報』が、
記憶の質を上げているんだと思います。
 
 
なので紙の本で読書したり、
紙に直接マインドマップや日記を記入するという事の方が
しっくり来るという事は、触覚が影響しているのかもしれません。
 
 
しかし、
せどり日誌は
『Dropbox』
で管理する事を、強くオススメします。
Excelを利用すると良いでしょう。
 
 

なぜせどり日誌は紙じゃなくて、Dropbox(クラウドサービス)なのか。

 
 
 
なぜ日々の仕事の記録をノートに手書きしている僕が、
せどり日誌はクラウドサービスのDropboxを利用しているのか?
 
 
それは日々のせどり日誌の記入が、
店舗仕入れを格段に効率化してくれるからです。
 
 
せどり日誌に必要な項目は、
次回詳しくご説明しますが、
 
 
仕入れにいった店舗の状況と、
仕入れ状況を記入します。
 
 
日々店舗を回る中で、
 
 
・全然品揃えの悪い店舗。
・最近行ったばかりの店舗
 
 
の2点には、
特に気をつけなければなりません。
時間のムダだからです。
 
 
『品揃えの悪い店舗。』
『最近行ったばかりの店舗。』
 
 
を避けるのに必要なのが、
 
 
『Dropbox』
 
 
な訳です。
PCでもスマホでも、
瞬時に過去の履歴をチェックする事ができます。
 
 
店舗を効率的に回る事ってせどりでは本当に重要で、
これはベテランせどりでも実践している人は、
ほとんどいないと言っていいです。
 
 
次回は、そんなせどりの実情と、
せどり日誌に必要な項目をお話したいと思います。
 
 
これは必ずあなただけの資産となりますので、
ぜひ取り入れて下さい。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ