iPhone6、買いました。【後編】

この記事は約7分で読めます。

前回の記事では、僕が実際にiPhone6を購入し、なぜ一番初めにダサいと感じたか?そしてとても薄いと感じるらしいというお話をしました。今回は逆に、iPhone6の良い点。そして結局4.7インチと5.5インチ(Plus)どっちがオススメか?実際にiPhone6を使用している僕の意見を発表します。
 
 

iPhone6

 
 

iPhone6の良いところ

 
 
僕は残念ながら、箱を空け第一印象で、
 
 
『ダサい。』
 
 
と感じてしまった訳ですが、
もちろん良い所も沢山あります。
 
 
しかしスマートフォンも成熟しつつあるので、
iPhoneに限らず、目新しい機能はなかなか少ないです。
 
 
今後何か革新が起きるのであれば、
それはスマホではなく、
ウェアラブルデバイスの分野で起こる事でしょう。
 
 
そんな中、僕がiPhoneを利用して
特に良いと感じた2点をピックアップしてみます。
 
 
1、画面と本体の一体感
2、アプリ
 
 
1、湾曲デザイン採用による、画面と本体の一体感。
 
 
画面の見やすさは、僕的には新型iPhone6の一番の目玉です。
画面と本体が湾曲型になっており、継ぎ目のない構造になってます。
 
 
iPhone6 画面
 
 
その形状から、レンズ効果もあるのか、
画面も若干立体的にも見えたりします。、
とても見やすい画面です。
 
 
前回も言いましたが、
iPhone6がダサいと言いながらも、
僕はスマホにデザインに全くこだわりがありません。
 
 
ダサかろうが、カッコよかろうが、
正直どうでもいいです。
 
 
なので画面をはじめとする、
全体の使いやすさというのは、
 
 
僕にとってはとても重要です。
 
 
そんな中で、
iPhone6の画面は、とても素晴らしいです。
 
 
Appleによると、
この湾曲型形状による、画面と本体の一体化というのは、
今回のiPhone6の中でも大きなウリの一つのようです。
 
 

実際手に取ってみて、大きさの感想。

 
 
結局今回iPhone6を買うにあたって、
一番の問題は、
 
 
『iPhone6 4.7インチ』
『iPhone6 Plus 5.5インチ』
 
 
のどっちを買うかです。
 
 
そしてその問題は、
 
 
『実際に手にとってみて、自ら大きさを感じてみる。』
 
 
事でしか解決できません。
 
 
僕は発売前に予約したので、
実際に手にとって感じる事はできませんでしたが、
 
 
以前の記事にもありますよう、
せどりをするならiPhone6とiPhone6 Plus、どっち?
 
 
『どうやら5.5インチは5千円札と同じ大きさのようだ。』
 
 
という話だったので、
それを考慮しPlusを避け、
iPhone6(4.7インチ)を予約しました。
 
 
そして実際に手元に届き、
その判断は正しかったと確信しました。
 
 
正直、4.7インチを購入した僕ですが、
これでもたまに『画面がデカイ』と感じる事があります。
 
 
メールチェックぐらいならとても快適ですが、
画面全体を片手でタップするとなると、
結構ギリギリなので、意識する必要があります。
 
 
例えば人の多いターミナル駅や時間帯で、
カバンを持ちながらスマホを片手操作したい場合。
 
 
結構落とさないよう意識するかもしれません。
 
 
iPhone6 手のひら
 
 
こちらはApple公式HPからの画像です。
 
 
ドヤ顔で『すべてに指が届きます。』
と言っていますが、
 
 
どう考えても全てに指が届きそうがない事は
一目瞭然です。
 
 
これがPlusの5.5インチだと、
尚更でしょう。
 
 
メールチェックぐらいなら快適にできますが、
チャットアプリやメールアプリ・その他仕事やプライベートで
よく使うアプリは、親指近くに配置した方が無難です。
 
 
このように4.7インチでも、
十分画面の大きさを感じられます。
 
 
大画面を必要とせず、操作性を優先させる場合は、
僕は4.7インチのiPhone6をオススメします。
 
 

せどりに用のiPhone6は、4.7インチで決まりです。

 
 
以上前回記事から今回にかけて、
僕が実際にiPhone6を利用してみた感想を述べてみました。
 
 
そして、やはりせどりをする上でiPhone6の購入を考えている方には、
僕は断然4.7インチiPhone6をオススメします。
 
 
これから年末商戦を控え、
重要なのは瞬発力です。
 
 
特におもちゃ関連は、
これからクリスマスに向け、
日々刻々と相場が変動していきます。
 
 
僕も昨年は、ずっとマークしていた商品があったのですが、
なかなか相場が上がらないので、あるタイミングで見切ってしまいました。

そしたらその商品はその後、
クリスマス終盤に向けグングンと相場を上げていき、
昨年のクリスマス商戦を代表する商品になってしまいました。
 
 
僕がマークしていた時にはいつも店頭で目にしていた商品でしたが、
気づいた時にはクリスマス商戦も終盤。
もちろんそんな美味しい商品はもう店舗に在庫はありません。
 
 
後の祭りでした。
 
 
その分、それ以外の商品でガッツリと売り上げを上げたので、
全然問題はないのですが、その見落としが無ければ
もっと利益を上乗せさせる事ができました。
 
 
それぐらい、せどりをするにあたり、
日々のリサーチは重要です。
 
 
ですのでせどりをする場合は、
スマホを選ぶにあたって、機能性を重視した方が良いです。
 
 
せどりでは、単価が大きくなればなるほど、
リスクも大きくなるので、
ツールにプラスして、
アマショウやプライスチェック。
 
 
家電であれば価格.comなど。
2重3重にリサーチを加え、
極力リスクを排除する必要があります。
 
 
その為にも、僕は新型iPhone6を買うのであれば、
断然iPhone6(5.5インチ)をオススメします。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ