せどり日誌は、あなたの貴重な資産です。【後編】

この記事は約5分で読めます。

せどり日誌に必要な、7つの必須項目をご説明します。
 
 

メモする

 
 

せどり日誌に必要な、7つの必須項目。

 
 
せどり日誌には、以下の7つの項目が必要です。
毎日記入するクセをつけましょう。
 
 
僕はExcelで記入し、DropboxでPCとスマホを共有させてます。
無料の場合では、オープンオフィスなんかでもいいですね。
 
 
1、日付
2、店舗名
3、仕入れ金額
4、仕入れ商品数
5、見込み利益額
6、店舗滞在時間
7、メモ
 
 
1、日付
 
これは必須です。このデータを蓄積する事により、
店舗のクセを掴む事ができます。
 
中古せどりなら、
店舗自体の商品回転数、
 
新品せどりなら、
曜日や日付でセールを行うなど、
必ず店舗のクセが見えてきます。
 
そしてそれを把握する事により、
効率よく店舗を回る事が可能です。
 
移動には、ガソリン代や交通費など、
経費が掛かります。
 
そして何より、
一番大切な『時間』という資源を使っている訳です。
店舗ごとのクセをいち早く分析し、
効率を極限まで高めましょう。
 
数字で全てを管理する事が重要です。
 
 
2、店舗名
 
こちらも重要です。店舗を管理しないと、
上記でも述べたよう、かなりの移動ロスを発生させます。
 
店舗によって20日でで在庫の鮮度が復活する店舗もあれば、
60日たってやっと復活するお店もあります。
 
日付と合わせしっかり店舗も管理しましょう。
 
 
3、仕入れ金額
 
これも必須です。
この数字を把握する事により、
キャッシュフローもコントロールする事が可能です。
 
『今月は資金がギリギリそうなので、
利益率を求めた店舗に行こう。』
 
『今月は資金に余裕があるので、高単価商品で
高利益を取りに行こう』
 
などです。
 
こちらも店舗のクセをつかむ重要な参考材料の一つです。
 
 
4、仕入れ商品数
 
こちらは仕入れ金額と密接な関係を持ちます。
 
仕入れ金額と仕入れ商品数からクセをつかみ、
『この店舗はどのジャンルに強いのか?』
しっかり把握しましょう。
 
 
5、見込み利益額
 
こちらは優良店舗かどうかを見極める、
大事な要素の一つです。
 
たまたまセールに遭遇したからなのか?
それとも安定的に利益が見込める店なのか?
 
この積み重ねがライバルとの差別化になります。
 
 
6、店舗滞在時間
 
こちらにも気を配りましょう。
 
特に中古商品を片っ端からリサーチして
見込み利益を積み上げたのか、
 
それとも新品商品を大量ロット買いして一気に
見込み利益を確保したのか。
 
せどりでは見切る事も大切です。
 
どんどん次へ、次への精神で、
利益の出る店舗での滞在時間を増やしましょう。
 
 
7、メモ
 
最後にもってきた項目、これが一番重要です。
 
気づいた事は全てここに記入しましょう。
これがあなたの資産になると言っても、
過言ではないです。
 
・ライバルと遭遇した。
・補充時間の記入。
・全く仕入れできなかった。
 どうやらライバルが来たばかりのようだ。
・週末はライバルが多いから、
 狙いは平日だ。
・○○コーナーは全くダメだが、
 ○○コーナーはすごいオススメだ。

 
など、気づきは全てココにまとめます。
 
 
駐車場が無い店舗では
次回来た時の為に、近くて安いオススメの
駐車場の位置などの記載も重要でしょう。
 
  
 
以上の項目を、僕はExcelで、
無料でやるならばオープンオフィスで記入し、
Dropbox(クラウドサービス)で共有し、PCとスマホで共有します。
 
 
そして、いつでもどこでも見れるようにしておくのです。
 
 

まとめ

 
 
以上せどり日誌に必要な7つの項目をご紹介しました。
この積み重ねは後々大きな差となってきます。
騙されたと思って、今日からスグに取り組んでください。
 
 
セール情報の管理などは、皆やっていますが、
意外とベテランせどらーでもせどり日誌を
つけている人は少ないです。
 
 
『あの店舗はしばらく行ってないから、今日は久しぶりに行ってみるか』
 
 
こんなのがほとんどです。
 
 
情報を体系的にまとめあげ、効率的に動いているのは、
ほんの一部のトップ層だけです。
 
 
ベテランでもこれがせどりの現状です。
やれば必ずライバルを差別化する事ができます。
 
 
ぜひ、せどり日誌を作成し、
あなただけの資産を構築してください。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ