せどりで一つのお宝商品を見つけたら、それだけで食える話。

この記事は約4分で読めます。

今日は普段の小さな積み重ねが、本当に重要であるという話をします。一つのお宝商品を見つけたら、それだけでせどりで食べていけます。
 
 

Treasure chest filled with gold ingots

 
 

敏腕せどらー達が、必ず通る道。

 
 
せどりで一番大切な事って、
やはり『リサーチ』なんです。
 
 
今まで様々なジャンルで稼がれてる方とお話してきましたが、
どのジャンルが得意な方も、
 
 
全員に共通している事は、
皆必ず、この『徹底的なリサーチ』という道を、
必ず通ってきているという事です。
 
 
本はもちろんですが、
家電
CD・DVD、
フィギュア、
おもちゃ・ホビー、
etc,,,
 
 
全てにおいてです。
 
 
そんな風に地道にリサーチをこなしていると、
たまに神様がご褒美をくれたりします。
(別に神様を信じている訳でもないですが。)
 
 

1つの商品で、3ヶ月食えました。

 
 
これは、今年・年初のお話です。
 
 
ふとリサーチしていると、
家電のジャンルでとてもランキングの高い商品を見つけました。
 
 
しかもなぜかAmazon相場の半分以下の値段で普通に売っています。
これはチャンスと思い、その場では買い占めた訳ですが、
結構ランキングも高い事もあり、毎日コンスタントに
1~2個売れていく訳です。
 
 
ライバルもほぼ2~3人で常に推移しているので、
ほぼ独占状態です。
 
 
たまに僕より安く出品してくるライバルもいるのですが、
在庫も1~2個しか持っていないので、すぐライバルの在庫は切れます。
 
 
なので僕は価格改定はせず、
ライバル在庫が切れるのを待ち、
堂々と価格据え置きで出品し続ける事ができる訳です。
 
 
商品を知りつくせば、値下げ競争に巻き込まれず、
価格は据え置きで利益をしっかりと確保できる良い例です。
 
 
もちろん僕も日々、価格改定ツールは利用しておりますが、
価格を手動でコントロールするせどり方法も必ず身に付けましょう。
 
 
そんなこんなで、
毎日1~2個は売れていくし、
安くライバルが出品しても、少し待てば、
すぐ自分の番が回ってきます。
 
 
在庫が無くなりそうになれば、また店舗での仕入れ。
この繰り返しです。
(一気に在庫を10個とか20個とか納品すると、ライバルから狙い撃ちをくらい、
価格競争に陥る可能性が高いので、ちょっとずつ在庫を補充しましょう。)
 
 
一個あたり大体4,300円、大きい時で5,000円の利益を確保できたので、
これだけで1ヶ月の最低限の生活費は稼げた計算です。
 
 
この状態が約3ヶ月、続きました。
 
 

しかし、
あるとき急に出品者が急増し、
とんでもない価格競争になってしまいました。(笑)
 
 
僕は売れるペースを完全につかんでいたので、
在庫もそこまで多く抱えいませんでした。
 
 
利益率も高かったので、
全くダメージを受けず売り切る事ができましたが、
(いつもは基本、OKサインの商品があれば、店舗の在庫は買い占めます。)
 
 
どこかで情報が漏れたか、
気付いた人が多かったんでしょう。
 
 
電脳せどりで重要なのも、
やはり重要なのは『商品リスト』ですね。
 
 
電脳せどりは経験を積めば積む程、
過去に販売した商品リストが資産となり、
 
 
その積み重ねと関連商品、
極論それを淡々と繰り返すのみです。
 
 
ですのでせどりでは、
日々のリサーチが本当に重要です。
 
 
その積み重ねは必ずあなたに
『利益』となって返ってきます。
 
 
コツコツと努力を積み重ねる。
どの分野でも、これが一番の成功法則なのかもしれません。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ