せどりはお小遣い稼ぎにも最適である。

この記事は約5分で読めます。

せどりはお小遣い稼ぎにも最適です。スキマ時間を利用して効率よく稼げます。そして更にステップを踏んで階段を登っていけば、僕のように独立してせどりで生活する事も可能です。
 
 

駄菓子屋

 
 

スキマ時間を利用して、せどりに取り組もう!

 
 
せどりの大きなメリットの一つとして、
 
 
『スキマ時間に、いつでも取り組める。』
 
 
という点があげられます。
 
 
これってすごい重要で、
実際に僕は、最初に副業でせどりを始めた時は、
会社帰りや休日を利用して、せどりに取り組みました。
 
 
そして思考錯誤した結果、
3ヶ月で月商120万を達成し、独立して今に至ります。
 
 
僕の話は置いといて、
やればやっただけ結果が出るって、
結構重要です。
 
 
その他副業の代表格と言えば、
『アフィリエイト』
ですが、アフィリエイトは結果が出るまで時間がかかるし、
 
 
しかも正しいやり方で作業を進めなければ、
全ての作業かムダになってしまうので、
ビジネス初心者が取り組むにはなかなかハードルが高いです。
 
 
また別の機会に、
僕のアフィリエイトについての考えなんかも
お伝えできればと考えております。
 
 
そんな事で、いつでもやればやっただけ結果の出る、
せどりを僕はオススメします。
 
 
~せどりに向く人一覧~
 
 
・僕のようなサラリーマンの副業。
・主婦の方が家事の合間に、サイドビジネス。
・学生さんがバイト替わりに。
・経営者が、せどりに事業転換!?
・最終的には、僕のように事業化できます。

 
 

僕のようなサラリーマンの副業

 
 
僕のようなサラリーマンの副業にピッタリです。
 
 
僕は主に、
・会社帰り
・休日
にせどりに取り組んでいました。
 
 
僕の知り合いには、
仕事の休憩時間じせどりをやっている人もいます。
 
 
この小さいスキマ時間の積み重ねが、
月数万円の利益になるので、
本当バカにできないです。
 
 

主婦の方が家事の合間に、サイドビジネス。

 
 
こちらは僕の知人のスタッフさんです。
 
 
そのスタッフさんは、朝子供を幼稚園に送り、
ササッと家事を済ませ、せどりに出かけ、
そのまま夕方、お子さんをお迎えに行くスタイルで取り組んでいます。
 
 
その為勤務時間自体は少ないですがとても貪欲で、
知人のスタッフさんの中では一番パフォーマンスがいいようです。
 
 
せどりは取り組み方で、大きく結果に違いが出てきます。
 
 

学生さんのバイト替わりに。

 
 
これ本当うらやましいです。
学生さんがせどりに取り組めば、
 
 
バイトには行かなくていいし、
好きな時に好きなだけ飲めるし、
友達と旅行に行き放題だし、

 
 
本当充実した学生生活を送れる事でしょう。
(大学を勉強目的としていない場合。)
 
 
僕も就活中はバイトを急に休んだりと迷惑を掛け、
申し訳なく思ってましたし、
 
 
個人事業主登録してせどりに取り組めば、
普通の大学生では学べない、人生で重要な事も学べます。
(大学に行くより、100倍自分の為になるでしょう。)
 
 
『僕も大学生の時にせどりと出会っていれば!!』
 
 
と思う今日この頃です。
 
 

経営者が、せどりに事業転換!?

 
 
これは知人から聞いた話ですが、
ある知り合いが満を持して独立した訳ですが、
業界の経験を活かした下請け業務だった訳です。
 
 
下請けである以上、
自分で仕事をコントロールする事はなかなか難しいです。
 
 
社員も雇い入れ、厳しい経営が続く中、
せどりと出会ったそうです。
 
 
思い切って社員にせどりを教え、
事業転換したそうです。
 
 
そしたらもちろんせどりは結果が出ますので、
なんとか危機を乗り越え、体力もついてきたので
また新たな形で本業に復帰できたそうです。
 
 
副業やお小遣い稼ぎではなく、
こんな例もあるのです。
 
 

最終的には、僕のように事業化できます。

 
 
まとめのような形になりますが、
最終的には僕のように、せどりを通じて独立する事もできます。
 
 
せどりと言えども、
人生の貴重な時間を費やす訳なんで、
将来性って結構重要です。
 
 
・ひたすらせどりでの事業拡大もよし。
・輸出入と、世界に羽ばたくのもよし。
・せどりを軸に、インターネットビジネスの世界に飛び込むのもよし。
・完全に人に任せて、南国に行ってトロピカルジュースを飲むのもよしです。

 
 
まずはせどりに興味のある方は、
少しのスキマ時間からでも良いので、
僕のブログを参考に、実行に移して下さい。
 
 
そしてすでにせどりで結果を残している人は、
しっかりと人生設計し、
 
 
『自分はどの道へ進むべきなのか?』
をしっかりと考え、せどりを有効に活用しましょう。
 
 
 
 


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ