Amazon(アマゾン)の店舗評価を、最速で100個貯める3つの方法。【後編】

この記事は約6分で読めます。

今回は、Amazonの店舗評価を、最速で貯める具体的な3つの方法をご案内します。

評価

Amazonの店舗評価を、最速で貯める3つの方法

前回の記事では、『Amazonの店舗評価システムは平等である。』という事と、
『なぜ、最速で100個の店舗評価を貯めなければならないのか?』

というお話をしました。
Amazon(アマゾン)の店舗評価を、最速で100個貯める3つの方法。【前編】 

今回は、その具体的な3つの方法にせまります。

1、新品商品販売。
2、1円本自己配送術。
3、ツールで評価を自動収集する。

自分にあった作戦を取り入れ、最速で最初の100個の評価を貯めましょう。
では、1つづつ順番に解説してまいります。

1、新品商品販売。

これは僕が初期に取り入れた作戦です。
新品商品では、基本的にクレームが入る事がないので、
出来る限り新品商品を販売し、評価を稼ぐという作戦です。

もし仮に、新品商品を販売して悪い評価をもらった場合は、
『Amazon由来』のクレームだったり、
『商品内容』のクレームの可能性が高いので、
Amazonに申請すれば、削除してもらえる可能性が高いです。

『Amazon由来』のクレームとは、
配達が遅いなど。(FBAを利用していれば、期限に届かなければAmazonの責任です。)

『商品内容』クレームとは、
内容が思っていたのと違って、面白くなかったなど。
(実際コレあります。知らんがな!って感じですが。)

以上の理由から、
僕は出店当初、なるべく新品商品の販売を意識し、
最初の100個の評価を貯めました。
 
 
 
 

2、1円本自己配送術。

 
 
この作戦は、『お金』『時間』を掛けてでも、
『最速で100個の評価を貯めたい!!』
 
 
という方にオススメの作戦です。
 
 
まず、『非常に良い』のコンディションで出品できて、
ある程度早く売れる『中古本』を用意します。
 
 
その本を『良い』のコンディションで、
『1円出品』します。
 
 
売れたら発送時に、
納品書と共に、評価を促す手紙を一筆入れます。
(コピーでも大丈夫です。)
 
 
こんな内容で良いでしょう。
 
 

『この度はありがとうございます。
 せどりブログ.com書店です。
 商品は無事届きましたでしょうか? ~
 評価もお願いします ~
 評価方法はコチラです ~
 今後も宜しくお願いします ~。』

 
 
この様な形でひな形を作り、
同封して自己配送します。
 
 
お客様は、綺麗な人気本を1円で入手できた訳ですから、
非常に満足度は高いハズです。
 
 
満足度が高いという事は、
良い評価をもらえる可能性も非常に高いです。
 
 
『時間』『お金』というコストを掛けてでも、
最速で評価を貯めたい方には、オススメの方法です。
 
 
全て1円出品してしまうと、
相場も崩れてしまいますし、
利益が取れる場合もありますので、
そこは臨機応変に価格設定をしましょう。
 
 

3、ツールで評価を自動収集する。

 
 
これは現在進行形で僕が採用しているシステムです。
 
 
その手間、わずか
 
 
『30秒!』
 
 
です。
 
 
一日の商品発送数が数百個あろうとも、
『30秒』で作業は完結です。
 
 
具体的な手順は、
 
 
セラーセントラルから、注文情報をダウンロード。
(ココまで15秒。)
 

 
ダウンロードしたファイルをツールにアップロードし、
送信ボタンを押すだけ。
(この作業も15秒。)
 
 
と、計30秒です。
注文数が数百あろうとも、時間に変わりはないです。
 
 
これは、購入者へのフォローメールを自動的に
送信してくれるツールです。
 
 
Amazonの購入者には、
『店舗を評価する』という文化がありません。
 
 
なので店舗評価が評価が貯まりにくいです。
 
 
しかし、この自動アフターフォローメール送信システムを利用すれば、
購入者の『約7%』から評価をもらう事ができます。
(Amazonで販売をしている人であれば、この7%という数字がいかに大きい数字であるかが分かると思います。)
 
 
僕は今でもこのツールを日々利用しているので、
これだけでも相当の効率化を実現しております。
 
 
この自動アフターフォローメール送信システムだけの利用でも、
十分に利用する価値があると僕は考えております。
 
 
>> 自動アフターフォローメール送信システム付きツール、『せどり風神』。
 
 
 
 

店舗評価まとめ

 
 
以上、最速で100個の店舗評価を獲得する
3つの方法をご説明しました。
 
 
前回の記事で言いましたが、
 
 
一流のファンションブランドや自動車メーカーの
最大の強みは、『歴史』です。
 
 
お金を投資する事により、
『移動時間の効率化』をする事はできますが、
 
 
時間そのものを、『買う』事はできません。
 
 
それだけ『歴史の積み重ね』は重要です。
 
 
ぜひ一つづつ確実に店舗評価を積み重ね、
あなただけの歴史を刻みましょう。
 
 
 
 
  


“Amazon(アマゾン)の店舗評価を、最速で100個貯める3つの方法。【後編】” への2件のフィードバック

  1. デラ より:

    こんばんは!デラです。

    店舗を評価するという観点も
    やはり気にしておいたほうがいいですね。

    参考にさせていただきました。

    また遊びに伺います。
    応援ぽちっと。

  2. デラさん初めまして。
    この度はありがとうございます。

    僕も実際Amazonで買い物する時、
    あまりに評価が少ない店舗の場合、
    すこし値段が高くても、評価の高い店舗で買う事がたまにあります。

    なので自分の経験からも、
    店舗評価も重要な要素であると考えてます。

    今後もどうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ