クレジットカードでせどりをして、劇的にキャッシュフローを改善する方法。【前編】

この記事は約6分で読めます。

クレジットカードの力を最大限発揮し、せどりのキャッシュフローを劇的に改善する方法をご紹介します。


Business man pointing the text: Cash-Flow

キャッシュフローとは何か?

まず初めに、キャッシュフローの説明をしたいと思います。

キャッシュフローとは何か?、その名の通り、お金の流れです。

いつお金が入り、いつお金が出るのか。

こういう理解で大体合ってます。

なぜキャッシュフローが大事なのか?
今から自動社業界を例に、解説してみましょう。

あなたはタイヤメーカーの社長です。

あなたはタイヤメーカーB社の社長です。

そしてあなたは日本が誇る世界的自動社メーカー、T社と取引を始めました。

T社程の大企業と取引ができるなんて、
B社創立以来の大チャンスです。

あなたは社運を掛け、会社の全ての資金、
1億円を投じてタイヤを一から作製し、
T社に2億円で販売する事になりました。

T社は世界的メーカーの為、
365日休む事なく、工場が動いてます。

なので月に2億円分のタイヤなど、
すぐに使い切ってしまいます。

あなたは1カ月で会社の全てのお金の1億円を倍の2億にし、利益を1億円生み出しました!

これも長年積み重ねてきた営業努力の結果です。

しかしです、毎日毎日タイヤを送り、毎日毎日代金のやり取りをしていては、
振り込み手数料ももったいないし、
なにより手間もかかります。

なのでT社はあなたの会社B社と契約する時に、こう提案してきました。

『1カ月分まとめて買います。その代わり、代金のお支払いは翌月27日払いです。』

もちろん、T社取引できるチャンスなので、
あなたは喜んで契約書にサインします。

もうすこし具体的に言うと、T社は、

『11月に必要な2億円分のタイヤを一括で
 購入します。 代金は、12月の27日に
 お支払いします。』
 

これって、企業間どうしの取引だと、
当たり前の契約ですよね。

けど、これには問題があります。

あなたは社運を掛け、
会社にある1億円という全てのお金を投じて、タイヤを作り、T社に収めました。

けど、T社から商品代金の2億円が入金されるのは、12月27日です。

それまで会社のお金はゼロです。

11月25日には、自社の社員の給料も払わなければいけません。

けど、お金は無いです。

これが、キャッシュフローに行き詰ったという状態です。

『資金がショートした。』なんて言ったりもします。

良く言われる『黒字倒産』というのも、
大体こんな感じです。

パッと見、利益が出ているような取引でも、
資金が息詰まれば会社は潰れてしまいます。

なのでビジネスをして一番大事なのは、
何より手元の現金です。

キャッシュフローの簡単な説明はこのような感じです。

実際は、もっともっと奥が深いので、
しっかり調べて、正しい知識を身につけて下さい。

せどり入門者が、よくやる過ち。

僕は何度もこの話を耳にするのですが、
せどりを始めたばかりの入門者が、
いきなり家電せどりなどの高単価商品を扱った場合。

カードの支払いに、
Amazonの売り上げの入金が間に合わないのです。

『3日後にカードの支払いが20万円あるのですが、Amazonからの売り上げが手元にまだ
15万しかありません。
残り5万円はどうしましょう?』

なんて話を聞いたり、実際に僕のとこにも相談が来る事もあります。

優秀な指導者なら、
まず第一に資金状況のヒアリング。
そしてその人にあった仕入方法をアドバイスするハズです。

でもこういう話を聞いたり、実際に相談があるという事は、
そうでもないようです。

カードの支払いが滞ってしまうと信用情報にもキズがつきますし、
良い事はありません。

それなら、クレジットカードを使わず、
手堅く現金でせどりをした方が100倍安心です。

でもやはり、
クレジットカードでせどりをした方が数倍のメリットがあるので、
僕はカードでせどりをする事をオススメします。

1枚のカードを最大限活用する方法。

まず資金に余裕が無い時に、カードを使う上で意識したい事が一つあります。

それは、

『締め日明けに仕入れを集中させる。』

という事です。

どういう事かというと、

『A』というカードがあります。
『Aカード』の限度額は30万円で、
『Aカード』は月末締め、翌27日払いです。

11月1日~11月30日に仕入れたものは、
12月27日払いです。(休日は考慮無し。)

そして今Amazonからは2週間ごとに、
売り上げの振り込みがあるので、
3回ぐらいは売上の入金を受けられるかもしれません。

これって結構キャッシュフローに余裕がありませんか?

12月27日には、問題なく支払い出来そうですよね。

けど問題は、資金投下する時期です。

例えば、11月1日に限度額一杯の30万円分を仕入れ、すぐにAmazonへ出品。

ちゃんと仕入れれば、ほぼ確実に12月27日の支払いには間に合います。

けどこれが、締め日ギリギリの11月29日に一括で30万円分の仕入れをしたとしたら?

そこから出品作業して、Amazonに送って、
在庫が反映されて、、、となったら、
少なくとも3日とか時間かかりますよね?

下手したら、在庫の反映が12月3日とかになる訳です。

そして2週間間隔のAmazonの最終売上入金が、
12月の14日かもしれません。

そしたら30万円分の在庫を販売できる期間が、
たったの11日間しかありません。

もしかしたら、
支払い間に合わないかもしれませんね。

けど、11月1日に仕入していたら、
少なくとも
約30日間は販売期間があるワケです。

これがキャッシュフローの大切さです。

なるべく支払いを遅くし、
受け取る入金を早くする。

これを意識して下さい。

明日は、さらにもう一歩踏み込んだテクニックをご紹介します。

クレジットカードを2枚利用し、
劇的にキャッシュフローを改善する方法をご紹介します。

>> クレジットカードでせどりをして、劇的にキャッシュフローを改善する方法。【後編】

ブログランキング参加しました!
↓↓↓


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ