クレジットカードでせどりをして、劇的にキャッシュフローを改善する方法。【後編】

この記事は約2分で読めます。

今日は昨日よりもう一歩踏み込んで、クレジットカードを2枚利用して、劇的にキャッシュフローを改善する方法をお伝えします。

Business man pointing the text: Cash-Flow

劇的にキャッシュフローを改善する方法。

昨日より一歩踏み込んだ具体的な方法をお伝えします。

締め日と支払い日が、
できる限り正反対のカードを2枚用意します。

カード会社に相談すれば、
締め日と支払い日の変更をしてくれる場合もあるので、
相談してみる事もオススメします。

『Aカード』
・限度額30万円。
・月末締め・翌27日払い。
・11月1日~11月30日の仕入分、
⇒12月27日払い。

『Bカード』
・限度額30万円。
・15日締め・翌10日払い。
・11月1日~11月15日の仕入分、
⇒12月10日払い。
・11月16日~12月15日の仕入分、
⇒1月10日払い。

~11月5日に仕入した場合~
Aカード:決済まで52日間。
Bカード:決済まで35日間。

~11月15日に仕入した場合~
Aカード:決済まで42日間。
Bカード:決済まで25日間。

~11月16日に仕入した場合~
Aカード:決済まで41日間。
Bカード:決済まで55日間。

ココです!
締め日を過ぎると、
支払いまで余裕期間が逆転するのです!

できる限り支払いの期間を延ばす事。
これがキャッシュフローの重要さです。

ですので重要な事は、

1)2枚カードを作る。
2)締め日を極力正反対にする。
3)今、一番有利な方を使う。

です。

なにより大事なのは、

『今日、一体どっちのカードを利用すればお得なのか?』

と、常に考えながら会計をするという事です。
特にまだ資金が少ないうちは、非常に有効なワザでした。

これを意識するだけでだいぶ良くなると思うので、ぜひ実践してみて下さい。

不安な方は、カード枠の半分を、現金で残しておこう。

カードの扱いになれない方や、
不安な方は、

カード枠の半分くらいの資金を手元に置いておく事をオススメします。

普通に判断をして、仕入れをすれば、
おそらくそれで資金に困る事はないでしょう。

このように、カードは適当に使うと痛い目を見る事もありますし、
逆にカードを上手く利用すれば、
倍速以上で結果を残す事も可能です。

しっかりと自分の資金状況などと相談しながら、
有効にクレジットカードを利用してもらいたいなと考えております。

とにかくキャッシュフローが一番大事です。
かならず自分責任を負える範囲内で、
ビジネスを進めていきましょう。

ブログランキング、始めました。
↓↓↓


コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ