学生さんはアルバイトよりせどりをする事をおすすめします。

この記事は約6分で読めます。

セブンイレブン-模型
学生はアルバイトをするより、せどりで稼ぐ事をおすすめします。
3つのメリットがありますので、
まずはアルバイトと並行してせどりに取り組んで、稼げる実感をつかみましょう!


~目次~

1、時間的自由。
2、金銭的自由。
3、ビジネスを学ぶ事ができる。

1、時間的自由

学生さんは、何かと忙しもの。

アルバイトをせずせどりで稼ぐ事ができれば、
時間を自由にコントロールする事が可能です。

例えば僕の学生を振り返ってみると、
世間一般的な普通に学校とバイトの繰り返しの生活でした。

しかし、就職活動の時はとてもツラかったです。
学校、バイトの生活に就職活動が重なると、
もちろん精神的にとても大きな負担となりましたが、
自分の時間がほとんど取れず、
気も休まらず、時間的に体も休まらないのです。

僕は比較的真面目に学校に通っており、
単位も卒業単位をほぼ満たしていたのですが、
それでもツラかったです。

一番の原因はバイトです。

よく就職活動そのままで、スーツでバイト先に直行したものです。

そんな中、ずっと東京住まいだった僕は
とても恵まれていた事でしょう。

中には就職活動で選考が進む度に
地方からホテルを取って東京に来たりと、
自分で費用を賄うにはとても厳しいですし、
親御さんの負担もとてもデカイです。

しかし、せどりで稼ぐ事ができれば、
時間を自由にコントロールする事ができます。

好きな時にせどりに取り組み、
理論上は好きなだけ稼ぐ事も可能です。

例えば就職活動をしていて、急に人事から
『明日面接来れるか?』
なんて電話が来たとしても、
バイトに遅刻するとか、もしくはバイトを休まなきゃいけないとか、
そんな心配は無くなります。

2、金銭的自由

学生がアルバイトをする95%の理由が、
お金の為でしょう。

せどりに取り組めば、
お金から自由になれます。

少なくとも、せどりを発展させていけば、
年商数十億は可能ですからね。

いわゆる一般的な『せどり』で年商数十億は
厳しいかもしれませんが、
せどりをちょっと発展させれば、
卸で販売する事も可能ですし、
輸出ビジネスも取り入れる事も可能ですし、
輸入ビジネスに取り組む事も可能です。

僕は輸入も輸出もやってないですが、
アメリカのアマゾンの『Amazon.com』
なんかは日本のアマゾンと使い方はほとんど同じです。
アマゾンは出品者・購入者関わらず、
究極的に合理性を追求しますからね。
使いやすさは万国共通な訳です。

使いやすさを追求した結果が今の形であり、
それは今でも日々進歩しています。

要は日本のアマゾンで販売できれば、
アメリカでも同じ感覚で販売できますよ!
って事です。

でも一番の魅力は、
『いつでも稼げる』
という事です。

バイトなら、大体1ヶ月単位でシフトが決まってしまいます。

就職活動中はこれがとても厳しい制約になるわけです。
友達からの急な遊びの誘いにも対応できないですし。

けどせどりで稼ぐ力を身につければ、
いつでも好きな時に稼ぐ事ができます。

休みの日は一日かけてガッツリ稼ぐのも良し。
学校帰りに1~2時間とスキマ時間を利用して効率良く稼ぐのも良し。

キャンパスライフを満喫できますね。

それに普通にせどりをしていれば、
時給3,000円~5,000円なんて余裕ですからね。

3、ビジネスを学ぶ事ができる。

時間的自由、
金銭的自由はもちろん重要ですが、

このビジネスを学べるという事も、
僕は大きなメリットだと考えてます。

例えば、よくビジネス書とかでこんな言葉が書かれている事があります。

『仕事では、1つ上の目線に立って考え・取り組む事が重要だ。』と。

どういう事かと言うと、
平社員は課長のつもりで仕事に取り組み、
課長は部長の気持ちで仕事に取り組み、
部長は役員の気持ちで仕事に取り組み、
常務、専務、社長、、、。

と、常に一つ上の視点から、
仕事に取り組みなさいという教えです。

しかし僕は、これは見当違いの考え方であると思います。

なぜかと言えば、僕達経営者は一人一人が経営者視点を持った、
自主性の高い人材を求めているからです。

そしてこれからは、一人一人が自主性を持ち、
機動力のある組織作りをしなければ、
会社という組織として生き残っていくのは難しいでしょう。

特にインターネットの世界では、
10年前にはまだFacebookができたばかりですし、
Twitterに関しては、
まだ存在さえありません。

3年で全く世間が変わる時代ですからね。

こんな時代だからこそ、
経営者視点を持った自主性のある人材が欲しい訳です。
組織がデカくなればなる程、会社としての機動力が落ちますからね。

そして根本的なビジネス力を身に付ける方法。
それが『せどり』です。

せどりは在庫商売なので、
商売の基本をみっちり学ぶ事ができます。

物販は、ビジネスの基礎を学ぶのに最適です。
お金の流れが重要ですからね。

物販を通じビジネスを学べば、
どんなビジネスにも対応できると僕は断言します。

あとは応用ですからね。

男性であればモチロンその後のビジネスに活かす事ができますし、

女性であっても、もし仮に将来家庭を持つことになった場合、
家計の管理にも役立ちますし、
副収入が欲しいと思ったら、
パートにでなくても、自らせどりで稼ぐ事ができます。

しかも先ほど言った通り、時給3,000円とか
時給5,000円とか全然余裕ですからね。

このようにせどりからは、
生涯役に立つ学びを得る事ができます。

まとめ

今日は学生さんはアルバイトをするよりも、
せどりに取り組んだ方が良い3つの理由の
お話をしました。

1、時間的自由。
2、金銭的自由。
3、ビジネスを学ぶ事ができる。

好きな時に好きな時間だけ稼ぐ事ができるし、
いくらでも好きな金額を稼ぐ事ができるし、
生涯役に立つ、ビジネススキルを身につける事ができます。

人生の中でも、
学生時代は本当に貴重な時間です。

バイトに明け暮れるよりも、
友達の家でしょっちゅうお泊りして語り合ったり、
国内旅行したり、海外に行ったり、
貴重な学生時代に沢山思い出作りたいですよね。

このような理由から、
僕は学生さんには、アルバイトをするよりも
せどりをした方が良いとアドバイスを送る訳です。

実際に僕が学生の時は、
せどりの『せ』の字も知らなかったので、
今考えると本当に悔しいですよね。

学生時代にせどりと出会っていれば、
また替わった人生になっていた事でしょう。

学生さんはぜひ正しやり方で、
せどりに取り組んでみる事をおすすめします。


コメントは停止中です。

1 / 11
サブコンテンツ