ヤマダ電気のポイントを効率的に貯める方法。【ケイタイde安心】

この記事は約5分で読めます。

 ヤマダ電機-ロゴ

ヤマダ電気の買い物で、効果的にポイントを貯める方法を一挙ご紹介!


~目次~

1、ヤマダポイントとは?
2、まずはスマホアプリをダウンロード!
3、メルマガ登録でポイントアップ。
4、来店したらスロットマシーンを回そう!
5、ポイントバックチャレンジ。
6、誕生月も、もちろんお得です。
7、まとめ

1、ヤマダポイントとは?

ヤマダポイントには、2種類あります。

1)ヤマダウェブコムポイント。
2)ケイタイde安心ポイント。

1)ヤマダウェブコムポイント

これはヤマダウェブコム(通販)で利用できるポイントです。(以下、ウェブと言います。)後述しますが、ネットと店舗のポイントは分かれており、合算するのにはちょっとしたコツがいります。

2)ケイタイde安心ポイント

こちらはいわゆる普通のヤマダポイントです。(以下、店舗と言います。)基本はコチラに貯まっている事でしょう。

共通化(合算)する方法

ウェブと店舗の登録アドレスが同じ場合

そのままヤマダウェブコムにログインすれば、自動的にポイントが共通化されます。

ウェブと店舗の登録アドレスが違う場合

こちらの場合は、ウェブにログインするのですが、ウェブのアドレスでログインしてはいけません。店舗(ケイタイde安心ポイント)のアドレスでウェブページにログインして下さい。

そうするとマイページの左メニューから、ウェブと店舗のポイントを合算(共通化)する事ができるので、これだけokです。
一苦労です。

…と、このようにまぁ意味分からない訳です。

消費者から見たらヤマダのポイントは店舗だろうがネットだろうが同じだし、この顧客の事を一切考えない使いづらさが、業績の悪さにも影響してると僕は考えます。

まぁ本題はそこではないので、どんどん先に行きましょう!

2、まずはスマホアプリをダウンロード!

とにかくヤマダポイントを貯めるには、
スマホのヤマダアプリが必須です。

iPhone
Android

ともにアプリストアから『ヤマダ』で検索して、ヤマダ電機のスマホアプリを無料ダウンロード。

3、メルマガ登録でポイントアップ。

メルマガ登録すると、定期的にクーポンが送られてきます。会計時に提示する事により、買い物金額に応じて追加でポイントプレゼントがあります。せどりをしていればガンガン仕入れる場合もありますので、ぜひ情報も有効利用しましょう。

4、来店したらスロットマシーンを回そう!

ヤマダ電機の入り口付近には、スロットマシーンがあります。こんなやつです。

ヤマダ電機-スロットマシーン

チャレンジできるのは1日1回で、回せる回数はランクによって変動します。ヤマダで仕入れしていれば勝手にランクは上がっていくと思うので、ココは気にしなくて良いでしょう。

注意点は1000円以上買い物してしまうと回数がリセットされてしまいます。なので買い物する前に、まずは先にお店にいったら回してしまいましょう。スマホアプリをスロットマシーンに読み込ませるだけです。あまりポイント増加に期待はできません。

5、ポイントバックチャレンジ!

ヤマダ電機で買い物すると、1日1回キャンペーンにチャレンジする事ができます。アプリから挑戦してみて下さい。

投入ポイントを選べるのですが、ココはガッツリ『MAX100ポイント』使って下さい。投入ポイントに応じてリターンが決まってきます。

空振りは無く、最低でもトリプルチャンス賞というのが当たります。これが投入ポイントに応じて変動するのですが、100ポイント投入すると最低でも300ネットポイントが当たります。(期間限定・ネットのみ。)

タダで200ポイントもらえるようなものです。塵も積もれば山となりますので、例えばこれを100回繰り返せば『30,000ポイント』貯まる訳です。

アプリからサクッとチャレンジできるので、レジと駐車場との移動時間とかを有効活用し、サクッとポイントをゲットしちゃいましょう。

6、誕生月も、もちろんお得です。

誕生月にヤマダでお買いものをすると、ポイントバックがあります。
まずは会員ランク特典として、


ダイヤモンド 3% (最大3万ポイント)
プラチナ   2% (最大2万ポイント)
ゴールド   1% (最大1万ポイント)

次に購入金額に応じて、

10万円以上 3000ポイント
7万円以上 2100ポイント
5万円以上 1500ポイント
3万円以上 900 ポイント
1万円以上 300 ポイント
1000円以上 2%

と、ポイントサービスを受け取る事ができます。
これは結構デカイ特典ですよね。

7、まとめ

このように、無料でポイントをゲットできる方法も探せば色々あります。例えばクレジットカードなんかも、上手に使えば効率良くポイントを貯めたり、特典を受ける事もできます。

物販は、コストとの勝負です。ほんの数%の差や数千円の徳や節約かもしれませんが、その積み重ねが安定経営には重要です。これは大企業でも同じです。

特にせどりをしていれば取り扱う金額も数十万、数百万、人によっては数千万になりますので、お得なサービスはトコトン使いこなしましょう!

1000万円の1%は、
10万円ですよ!


コメントは停止中です。

1 / 11
サブコンテンツ